ドローン検定・講習について

HOME | ドローン検定・講習について

ドローン検定3級講座

ドローン検定3級

初心者歓迎!ドローンの基本や知識を学びたい方向け!
ドローンが初めての方(ドローン検定非保持者)を対象としたコースです。

ドローンを安全に飛ばすために操縦に必要な基礎知識と関係法令の知識を学びます。
座学講習の修了者には無人航空従事者試験3級の試験に合格した時に発行される認定証と同じものが発行されます。

対象 どなたでも受講可能
講習期間 座学4時間
受講料

16,400円(税込) + 入校金10,000

※テキスト代金(2,420円)及びドローン検定3級認定料(5,600円)を含む

講習内容

ドローンの教科書3級

座学内容:座学1(4時間)

基礎知識(用語)、機体の動き、機体にかかる力、飛行原理、気象と風、機体の構造、姿勢制御とセンサー、送信機、バッテリー、単位、操縦者の責任、賠償保証と機体の飛行準備、マルチコプターの飛行、フライトプラン、航空法、電波法、小型無人機等飛行禁止法

ドローン検定3級講座の流れ

基礎技能講習

基礎技能講習

基礎技能ライセンス取得コースは、ドローン検定4級以上所持者を対象としたステップアップコースです。国土交通省認定の操縦技能証明証を2日間で取得できます。

基礎技能ライセンス取得コースを受講いただくことで、

  • 許可申請時に必要な「飛行履歴10時間」を2日間で補完し公式ログ登録
  • シミュレーターと無人航空機を使用し2日間で基礎知識と技能を習得
  • 機体購入前の方でも安心!手ぶらで参加 講習時機体使用無料
  • 基礎技能ライセンス(ドローン検定公認基礎技能証明書)を発行します

ドローン講習所にて基礎技能講習又は応用技能講習を修了すると、メンバーサイトにて修了証をダウンロードいただけます。
この修了証を許可・承認申請時に添付すると、申請書類の一部が免除されます。
無人航空従事者試験合格証をお持ちの方は受講時にご持参ください。

対象 ドローン検定4級以上所持者
講習期間 2日間
受講料

48,100円(税込)+入校金20,000円

※学割 5,000円割引
※講習代・テキスト代、認定料、機体使用料含む

講習内容(カリキュラム)

基礎技能講習修了認定書

実技の受講①(シミュレーター訓練)

シミュレータ訓練Ⅰ~Ⅲ(実技):基本操作の習得と反復練習
シミュレーターを使い、基礎的な操縦訓練をおこないます。
天候やバッテリーのことも気にせず、送信機のステック操作を身に着けます。
実機と違い危険を伴う訓練や無意識の操縦クセを見つけることもでき、訓練した時間は国土交通省への飛行許可申請時の経験時間として申請できます。

実技の受講②(実機訓練)

天候に左右されない屋内で、実機機体(ドローン)を飛行させます。
位置情報を測定するGPSが効かない状態でシミュレーターとは違う緊張感の中で、実際の操縦感覚を身に着けます。

実機訓練Ⅰ(実技) 安定した離着陸と空中操作(垂直離着陸 / 低高度水平飛行 / ホバリング)
実機訓練Ⅱ(実技) 目視範囲内での飛行 / トラブル / 緊急時の操作 
実機訓練Ⅲ(実技) 目視範囲内での飛行 / トラブル / 緊急時の操作

※シミュレーターと実機にて訓練した時間(10時間)は国土交通省への飛行許可申請時の経験時間として申請できます。

座学2(1時間)安全講習

機種と定期点検、無人航空機の安全機能、自動操縦システム、飛行ルール、航空法に関わる制度と各種申請について

技能過程(10時間以上の教習と終了考査)

飛行前の確認

周囲の安全と環境の確認ができる事。バッテリー残量の確認ができる事。

日常点検項目の実施、飛行前点検ができる事。

 離着陸

操縦者から2m離れた位置で、1.5m以上の高さまで離陸し、指定された着陸地点の半径1m以内に着陸する事。

この飛行を5回連続して安定して行うことができる事。

 ホバリング  1.5㎡の高さにおいて、30秒間ホバリングにより指定された範囲内(半径1m以内)にとどまることができる事。
左右方向の移動 指定された位置(飛行状態)から、左右に指定された目標位置(左右の距離は離着陸地点から1.5m以上)まで、エルロンを用いて移動し、目標位置から大きく逸れることなく、対抗側で続けて移動させることができる事。この飛行を5回連続して行うことができる事。
前後方向の移動 指定された位置(飛行状態)から、前後に指定された目標位置(前後の距離は離着陸地点から2m以上)まで、エレベーターを用いて移動し、目標位置から大きく逸れることなく、対抗側で続けて移動させることができる事。この飛行を5回連続して行うことができる事。
水平面内での移動 1.5mの高さ(±1m)を維持したまま3地点(3区間)を順番に移動させることができる事。この飛行を5回連続して行うことができる事。
応用操縦能力 エレベーター・エルロンを同時に操作して8の字飛行を5回連続で安定して行うことができる事。

ドローン検定3級講座の流れ

ドローン検定3級+基礎技能講習

とにかく最短で取得〜飛行許可申請をしたい方向けのコースです。
ドローン検定の3級講座は、ドローンパイロットにとって必要不可欠な基礎知識を学びます。(用語・構造・気象・責任・法律など)

トイドローンと無人航空機を使用した実技講習をしていただきます。
ドローン検定協会公式「3級ライセンス」を発行します(3級試験が免除になります)
日程によっては 2ヶ月程度かかるところを、2日間で開催します。
許可申請時に必要な「飛行履歴10時間」を2日間で補完し公式ログ登録
シミュレーターと実機を使用し2日間で基礎知識と技能を習得
機体購入前の方でも安心!手ぶらで参加OK
シミュレーターと実機にて訓練した時間(10時間)は国土交通省への飛行許可申請時の経験時間として申請できます。

対象 どなたでも受講可能
講習期間 2日間
受講料

64,500円(税込)+入校金20,000円

※学割 5,000円割引
※講習代、テキスト代金(2,420円)及び認定料(5,000円)、講習機体使用料を含む

講習内容(カリキュラム)の流れ

講習内容については、ドローン検定3級と基礎技能講習をご覧ください。
ドローン検定3級講座の流れ

基礎技能講習の流れ

応用技能講習

応用技能講習

基礎技能講習を受講済の方を対象にした応用コースです。
ドローンを使った業務を行う方におすすめです。

 

A:目視外飛行 / 150m以上 / 制限表面上空   講習時間:3時間(座学2時間、実機訓練1時間)

目視外飛行(視界から外れた範囲)の長距離飛行を行う際には国交省への申請が必要になり、違反した場合には罰金刑となります。

B:夜間飛行 / 催事上空   講習時間:2時間(座学1時間、実機訓練1時間)

航空法では、「日中(日出から日没まで)に飛行させること 」と なっているために、それ以外の時間帯は禁止されています。
 ※夜間飛行訓練は屋内にて、照明を落とし決められた照度のなかで訓練します。

C:物件投下 / 危険物輸送  講習時間:2時間(座学1時間、実機訓練1時間)

飛行中の無人航空機から物件を投下するためには、国土交通大臣の承認が実用となります。
機体・操縦者・安全確保体制に関する一般基準に加えて、追加基準が定められています。
 

対象 基礎技能講習を受講済の方
受講料

各コース33,000円(税込)+入校金20,000円

料金について

 

入校金 20,000円(税込)
ドローン検定3級講座
(座学4時間のみ)
16,400円(税込)+ 入校金
※テキスト代込み
基礎技能講習
(2日間、座学・シミュレーター・実機訓練・修了試験)

48,100円(税込)+ 入校金
講習代、テキスト代、登録料、機体使用料含む

ドローン検定3級講座+
基礎技能講習
(2日間、座学・シミュレーター・実機訓練・修了試験)

64,500円(税込)+ 入校金
講習代、テキスト代、登録料、機体使用料含む

応用技能講習

受講条件:基礎技能講習を受講済の方
A:目視外飛行/150m以上/制限表面上空 33,000円(税込)+ 入校金
B:夜間飛行/催事上空 33,000円(税込)+ 入校金
C:物件投下/危険物輸送 33,000円(税込)+入校金
A:B:C 各座学1時間、実機訓練1時間
※講習代、テキスト代、登録料、機体使用料含む